🏢 目黒区・マンション (1R・洋室)
👩 一人暮らし
🔶 ギャッベ 120 cm × 40 cm, 40 cm × 40 cm

ラグとの出会い

そもそもラグを買う予定はなかった。というのも、私は現在の家の床色と艶を気に入っており、必要以上の敷物でこれを覆ってしまいたくなかったからだ。そんな折、layoutの前を偶然通りかかり、ギャッぺに出会った。見た目の素朴な美しさが目に留まった。さらに手や足裏で感触をたしかめ、未体験の厚みと柔らかさに驚く。たくさんの織物たちのなかで、ある一枚のラグが気になって仕方がない。雪が地面に積もるさまを織り上げたような柄だ。サイズもベッドとテーブルの間の隙間にぴたりとはまり、色柄も部屋に馴染む。しかし予定外…。迷った末、ラグの上で寝転がってみた。すると、思いがけぬ深いやすらぎをおぼえる。疲れがすこしずつ吸いこまれてゆく感覚。なんて気持ちいいんだ…。私が知らず知らずのうちに求めていたものはこれだ、みつけた、と思った。

Layoutのショップで好みのラグを並べて選びます

ミニギャッベの心地よさ

元々探していた座布団も、ラグと併せて購入した。厚みとともに硬さもあるため、ふかふかさを楽しめる上、腰が沈みこまないのが楽だ。また、座面に体温を保持してくれるので、ほんのりとしたあたたかさを味わえる

ベッドの足元にランナータイプのギャッベ、チェアの上にミニギャッベ。
どちらもスタッフおすすめの使い方です。

ギャッベのあるこれから

偶然のきっかけでギャッペに生活を彩ってもらうことになったわけだが、ラグを踏めば、座布団に座れば、確実にしあわせを感じられる毎日を送ることができるいま、この出会いが素直に嬉しい。長く付き合ってゆきたいと思う。

スタッフより

丁寧に選んだお気に入りのアイテムでお部屋を整えているKさま。「心地よさ」にフォーカスして、お部屋にピッタリの一枚を選んでいただきました。使い勝手のいいコンパクトなサイズのラグなので、模様替えに合わせて様々な敷き方にチャレンジしていただきたいです。